ワキガを治したいならまずは原因の理解から

ワキガを治したいならまずは原因の理解から

ワキガを治したいなら、まずは原因の理解からだとは思いませんか。
ワキガの臭いの原因は、アポクリン腺という汗腺から出る汗にあるのですが、実は汗そのものは無臭だと言われています。ワキガの臭いは、アポクリン腺の汗の中の脂質やたんぱく質、糖質やアンモニアなどの様々な成分が皮膚の表面の雑菌に分解されるため、独特な臭いとなるのです。これに皮脂が混ざり、さらに臭いが強くなると言われています。

ワキガの発する臭いはそのように作られるのですが、もともとワキガという体質を持った人が、食べるもので、さらに臭いが強くなることがあるそうです。
日本人に比べると、欧米人にはワキガ体質の人が多いのですが、シャワーだけの生活が基本である彼らの生活習慣がさらにその症状を強くしている部分も多いのですが、実は、肉やファストフード中心の食生活からもその傾向が強く出ているようです。
日本は本来、魚や野菜中心の食生活が多かったのですが、昨今、欧米の食生活が入り込んできており、食の欧米化と言われています。
肉類などの高カロリーで高脂肪の食べ物は、皮脂腺やアポクリン腺を活発にしてしまうのです。このことから、欧米化された食生活を多くしていると、普通の人でも、体臭がきつくなると言われているのですが、もともとのワキガ体質の人は、さらにその臭いが強くなる傾向があります。
また、食生活だけでなく、ストレスや、睡眠時間の減少、食事時間の不規則などにより、ワキガの臭いが強くなることもあります。
ワキガだとわかったら、腋毛のお手入れも常にすることも大切です。腋毛は、ワキガの原因となる雑菌を増殖しやすくするからです。
肥満気味の人も、高い体温を下げようとするため、汗を大量にかく習性があり、臭いが強くなります。
このように、ワキガの臭いが強くなる原因はいろいろとありますが、逆に言えば、ワキガの臭いを抑えることも可能だということなのです。
食生活に注意を払い、睡眠時間をたっぷりととり、ストレスを軽減できるような生活をすることで、ワキガと言われても、その臭いはかなり抑えることができるのです。また、現在は、ワキガの対策として、様々なケア商品も販売されており、その効果もかなり好評となっています。ネットでは、ワキガ対策として、あらゆる情報が集まっているので、じっくりと自分に合った対処方法を選ぶと良いでしょう。
最終的には、皮膚科で外科的手術をして、ワキガを克服する人もいるようです。まずは、信頼できる専門医に相談することをお勧めします。

 

ワキガを治す方法